奈良県の(五條・天川村・桜井)のグランピング3施設(日帰り・宿泊)

 

今回は奈良県のグランピング施設を紹介します。

■奈良県のグランピング事情

歴史的な観光資源が多く、日帰り観光では賑わっている奈良県。ただ、「奈良県にはホテルが少なくて観光消費額が小さい」という問題指摘が多いのが実際のところです。

今回、グランピング施設の調査をしてみたところ、関西2府4県でも最も少ない3か所のグランピング施設しかありませんでした。

滋賀県米原市の「グランエレメント」や京都の“るり渓温泉「GRAX」”のように、メジャーな観光エリアではない場所でも人気グランピング施設は誕生しています。今後、奈良県でも人気グランピング施設が誕生することを期待しましょう!

 

■奈良県の新規オープン施設、「Caféこもれびのグランピング」に期待!

2020年、五條市にある「Caféこもれび」さんがグランピング施設のオープンを計画されているとの情報がありました。カフェ自体の評判は高く、自家農園の野菜を中心にしたピザを手作りされていることが、評判を呼び、メディアでも数度、取り上げられている人気店だそうです。

“食”に強いグランピング施設として、奈良県のグランピング業界を牽引する存在になってもらいたいですね!

 

■奈良県のグランピング3施設の紹介

それでは奈良県の施設を紹介していきます。

1.Caféこもれび(グランピング)(奈良県五條市)

2.グランピングサイト「NATURA」(天の川青少年旅行村)(奈良県天川村)

3.Glamping & Restauran 一凛(奈良県桜井市)


1.Caféこもれび(グランピング)

2020年春から夏にかけてオープン予定の奈良県五條市のグランピング施設。

奈良県の五條市は市町村別の柿の生産量が全国1位だそうです。今回、グランピングを計画している「cafeこもれび」のオーナーは五條市で150年続く柿農家でもあります。

「cafeこもれび」は、10席ほどの小さなお店はでありますが、自家製の野菜をトッピングしたピザが評判でテレビなどのメディアにも取り上げられている人気店です。

その柿農家&カフェのオーナーが地元、奈良県五條市の活性化のために、現在、グランピング事業を企画中です。

五條市は人口29,000人ほどで、高齢化と人口減少が続いています。その五條市には観光客を受け入れられる施設が少ないことが問題で、地域活性化には宿泊施設が必要だというのが、オーナーの持論。

2020年4月ごろのニューオープンを目指していて、現在(2020年1月現在)、BBQ施設やテラスの工事を進行中とのこと。

新規にオープンするグランピング施設は、柿農園のど真ん中にグランピングテントと透明なドームテントが設置され、星空を眺めて、ぼんやりしながら焚き火もできる雰囲気にしたいとのこと。自然をダイレクトに体感できるグランピング施設になりそうです。

奈良県には、グランピングがまだまだ少ないので、期待したいですね!


  • 施設名:Caféこもれび(グランピング)
  • エアコン・トイレ:-
  • お風呂・シャワー:-
  • 料金:-
  • 子連れ・幼児:-
  • ペット・犬:-
  • 住所①:奈良県五條市西吉野町湯塩210(カフェこもれび)
  • 住所②:奈良県五條市西吉野町湯塩221番地(建設予定地)
  • アクセス(電車):JR五条駅から奈良交通バスで20分

 

2.グランピングサイト「NATURA」(天の川青少年旅行村)

2018年7月21日オープン。天の川青少年旅行村にオープンした奈良県初のグランピング施設。

グランピングサイト「NATURA」は、屋根付きテラスにグランピングの定番であるコットンテント、Weber BBQコンロ、有名アウトドアブランド製家具が配されたグランピングサイトです。

もちろん、アメニティやタオルなども完備されており、ワンランク上のキャンプを体験することができます。

グランピングサイトのテント内には、トイレ、シャワーはありませんので、共同の施設を使用。食材は持ち込み自由で、Weber BBQコンロにて本格BBQが楽しめます。

日帰りグランピング、宿泊グランピングともに可能。グランピングの利用者には、「川遊びセット(ライフジャケット、ボート、浮き輪、釣竿など)」、「みずはの湯」、「川魚塩焼きセット」などの特典がついてくることもおすすめのポイントです。

天の川青少年旅行村は川遊びのメッカなので、嬉しい特典です。

天の川青少年旅行村の魚釣りはカワムツ・ハヤ・ウグイなどが釣れます。釣った魚をBBQの食材にすることも可能。

屋根付きテラスのあるグランピングサイト「NATURA」

グランピングサイト「NATURA」(天の川青少年旅行村)公式HPより

 

宿泊グランピングのチェックインは14:00、チェックアウトは10:00。

日帰りグランピングの利用時間は12:00~21:00となっています。

料金は1サイト40,000円が基本料金(2名まで基本料金に含む)、これに加えて人数や時期によって金額の増減が発生します。3名以上から料金が加算されます。(2名でのご利用は増額なし。)

グランピングサイトの定員は4名。

他にも天の川青少年旅行村には、コテージとバンガローがあり、コテージのキッチンには大型のシステムキッチンが完備されています。

周辺観光には面不動鍾乳洞があります。

天川薬湯センター「みずはの湯」は川に面した露天風呂がとても気持ちいい温泉です。

定休日は木曜日で、営業時間は20:00までなので、スケジュール調整は慎重に。


  • 施設名:グランピングサイト「NATURA」(天の川青少年旅行村)
  • エアコン・トイレ:エアコンなし、トイレは共同
  • お風呂・シャワー:シャワーは共同
  • 料金:40,000円(基本料金)、3名以上から別途利用料が必要
  • 子連れ・幼児:川遊びができる
  • ペット・犬:可
  • 住所:奈良県吉野郡天川村庵住78(天の川青少年旅行村)
  • アクセス(車):京奈和自動車道、五條IC下車、60分

 

3.Glamping & Restauran 一凛(奈良県桜井市)

2019年4月9日に関西初のグランピングとレストランの複合業態としてオープンしたGlamping & Restauran 一凛。奈良県桜井市の日帰りグランピング施設です。

夕暮れのグランピングinGlamping & Restauran 一凛

Glamping & Restauran 一凛公式HPより

 

Glamping & Restauran 一凛は洞川キャンプ場の運営も行っており、キャンプやグランピングに必要なギアにも精通しているのが特徴です。

実際に「OUTDOOR ONE」では、キャンプやグランピングのスタイルに合わせた用品をラインナップしており、本格的なキャンプが好きな方にも喜ばれています。

ギアの購入前にグランピングレストランや洞川キャンプ場でレンタルして、使用感を確かめられることも人気のポイントになっています。

グランピングレストランの座席数は合計で90席。そのうち、屋内が58席、アウトドアが体験できるグランピング用が32席となっています。


  • 施設名:Glamping & Restauran 一凛(奈良県桜井市)
  • エアコン・トイレ:日帰り施設(共同トイレ)
  • お風呂・シャワー:日帰り施設なので、無し
  • 料金:メニューによる
  • 子連れ・幼児:可
  • 住所:奈良県桜井市浅古290
  • アクセス(電車):JR・近鉄大阪線「桜井駅」よりタクシーで9分
  • アクセス(車):西名阪自動車道、郡山ICより30分

 

関連記事

  1. 素敵な円形の建物に泊まれるグランシャリオ淡路

    淡路島のグランピング9施設まとめ

  2. カップル・二人旅向け関西のオシャレなグランピング施設17選

  3. ヴィラ阿多古のプライベートヴィラ外観

    安い!関東の格安10,000円以下のグランピング8選(食事付宿泊プラン)

  4. 埼玉グランピングおすすめの宿泊3施設&日帰り3施設

  5. 大人数の団体旅行にドンピシャの関西グランピング!京都天橋立の4施設(2018・2019年開業)

  6. ドッググランピング滋賀高島

    わんちゃんと泊まれる専用グランピング「ドッググランピング滋賀高島」が2020年7月22日オープン