秋川渓谷の高級グランピング「KEIKOKU GLAMPING TENT」の魅力を25枚の画像で紹介

 

秋川渓谷の高級グランピング「KEIKOKU GLAMPING TENT」の魅力を25枚の画像で紹介。2019年にオープンした新しいグランピング施設「KEIKOKU GLAMPING TENT」のおすすめポイントをチェックください。

都心から車で100分ほど。緑豊かな秋川渓谷は、あきる野市から檜原村に及ぶ全長約20kmほどの渓谷、都心から僅かな距離の場所に、清流の緑豊かな景色は見ごたえたっぷりです。

画像出典:あきる野市観光協会HPより

最近は、渓流釣りやトレッキングといった「山遊び」や「川遊び」が大人気。秋川渓谷には自然の中に遊びの要素が十二分にそろっています。

画像出典:西多摩経済新聞

KEIKOKU GLAMPING TENTは秋川渓谷より、秋川の支流「南秋川」の川辺に佇む、ラグジュアリーなグランピングテントです。

KEIKOKU GLAMPINGのスイートテント室内

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

 

KEIKOKU GLAMPING TENTの部屋

KEIKOKU GLAMPING TENTは、秋川渓谷より檜原街道(都道206号)を約30分、さらに奥地へ車を走らせます。

車中の景色はこんな感じ。緑豊かな山々に、その下を流れる渓谷のせせらぎ以外に何もありません。

街道沿いの駐車場に車を停め、渓谷への階段をおりると、落ち着いた黒い塀のエントランスがあります。

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

KEIKOKU GALMPING TENTには、貸切タイプのグランピングテントが2棟あります。

 

LUXURY TENT

ラグジュアリーテントは定員3名。テント37.5㎡と充分な広さの室内空間と、広々とした川辺のプライベートガーデン50㎡です。

長方形のサファリ型テントに、キングサイズベッド1台と、シングルソファーベッド1台を配置

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT 公式サイト

室内はヨーロッパの上流階級が好んで出かけたアフリカサファリの雰囲気が漂う上質なインテリアで統一。

テントは3方向が大きな窓。開け放たれた窓から外を見ると、ウッドデッキに室外ダイニングとジャグジー。その向こうには天然芝で綺麗に覆われたプライベートガーデンが広がります。芝生の青さと、山の緑が綺麗なコントラストです。

KEIKOKU GLAMPINGデラックステントの室内

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

すぐ側を流れる南秋川の河原へは、プライベートガーデンから伸びる階段から下へ。都内とは思えない透き通る川の水​と戯れて日常の疲れを癒してください。

KEIKOKU庭から渓流へ

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

シャワーとトイレも広々。アメニティには「シンプルなデザイン」「高品質」「天然素材」、イタリアのブランドACCA CAPPAを使用。洗練された大人の香りもお楽しみください。

KEIKOKU GLAMPINGデラックステントのシャワールーム

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

KEIKOKU GLAMPINGデラックステントのアメニティ

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

デッキスペースには、ゆったり座れるダイニングテーブルが。清流のせせらぎや、山の木々を揺らす風、虫の声、渓谷の音に耳を傾けながら、非日常の空間の中、ゆったりした気持ちでBBQコースを堪能いただけます。

KEIKOKU GLAMPINGデラックステントのアウトドアダイニング

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT 公式HP

デッキスペースにはジャグジー風呂も。星空を眺めながらのバスタイムもおすすめです。

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

ラグジュアリーテントは、44,000円(2名)からの料金です。(夜21時以降は大きな声での会話や騒音となる行為はご遠慮ください)

 

SUITE TENT

スイートテントはラグジュアリーテントよりひと回り大きなサイズ。テント50㎡の室内空間に、プライベートガーデンが100㎡と贅沢な造りです。

テントは定員4名、キングサイズのベッドが1台と、ソファベッドが2台。以上で最大4名様まで泊まれます。こちらも3方向を大きな窓が覆い、明るく開放的な室内空間です。

KEIKOKU GLAMPINGスイートテントの室内

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

テントの周りを囲うようにウッドデッキが敷かれています。ウッドデッキにはデイニングテーブルやジャグジーと共に、屋外ソファやチェアーも置かれています。ソファでお気に入りの本を読みながら、ゆっくりとした午後の時間を過ごすのも楽しみです

KEIKOKU GLAMPING TENTのテントは豪華でおしゃれ。女子旅におすすめ。

KEIKOKU GLAMPING TENT公式サイトより

KEIKOKU GLAMPINGのスイートテントのウッドデッキ

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

スイートテントにはプロジェクターセットを完備。屋外へ持ち出して、屋外用スクリーンを使って星空の下で映画鑑賞も。

KEIKOKU GLAMPINGのスイートテントのプロジェクター

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

専用シャワーとトイレ。こちらのアメニティは、パリで誕生したアロマキャンドルで有名なdiptyqueをご用意。セレブも愛用するその使い心地は優しい匂いに柔らかい泡が特徴です。

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

KEIKOKU GLAMPINGのアメニティ

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

屋外のダイニングテーブル横にはBBQグリルも完備。コースのBBQメニューに舌鼓をうちながら、星空の下で贅沢な時間が流れます。

KEIKOKU GLAMPINGのBBQグリル

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

広さ100㎡のプライベートガーデンは、芝生の上を裸足で歩いたり、家族でボール遊びをしたりするには充分な広さ。思い思いの過ごし方で自然を満喫してください

KEIKOKU GLAMPINGのスイートテントの全景

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

スイートテントは55,000円(2名利用)からの料金です。ラグジュアリーテント、スイートテントいずれもペットとの同宿はできません。

 

部屋数 広さ 定員 料金(変動あり)
ラグジュアリーテント 1棟 室内37.5㎡
庭50㎡
3名 1棟1泊44,000円~
スイートテント 1棟 室内50㎡
庭100㎡
4名 1棟1泊55,000円~

 

KEIKOKU GLAMPING TENTのお食事

夕食はバーベキューメニューが用意されていますので、予約時に追加で注文する形になります。

KEIKOKU GLAMPINGのBBQメニュー

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

例)国産黒毛和牛​ 秋川牛のモモステーキSET(2名様8800円)
・国産黒毛和牛 秋川牛ももステーキ(150g×2)
・片貝ホタテと有頭エビ
・ミックスチーズとブルーチーズのhalf & halfピザ
・季節の焼き野菜
・焼きチョコバナナ

その他、追加メニューもお好みで。

KEIKOKU GLAMPINGのBBQ

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

朝食は檜原村で焼き上げたこだわりの添加物、防腐剤一切不使用の優しい食パン、サラダに生ハム、ヨーグルトがセットになっています。

KEIKOKU GLAMPINGの朝食

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

食材を持ち込んでの素泊まりプランもあります。詳しくは予約サイトでご確認下さい。(ページ下より予約サイトへ飛ぶことができます)

 

KEIKOKU GLAMPING TENTのSPA

KEIKOKU GLAMPING TENTでは、宿泊テント内にて全国でも珍しいSPAを体験いただけます。SPA「深層リンパドレナージュ」は、オイルを使わず洋服は着たままオールハンドのソフトな施術で深いリラクゼーションへいざなうコースです。

山々の新鮮な空気、清流のせせらぎ、優しさに包まれた静かな空間に包まれ、慌ただしい日々の中で、無意識に身に着けてしまった心とからだの鎧を取り除いてみて下さい。​

KEIKOKU GLAMPINGのSPA

画像出典:KEIKOKU GLAMPING TENT公式HP

 

KEIKOKU GLAMPING TENTへのアクセス

KEIKOKU GLAMPING TENTのチェックインは、​渓谷BBQ(​東京都あきる野市乙津789)で行います。

画像出典:渓谷BBQ公式HP

こちらのチェックイン受付には、東京方面からは中央自動車道「八王子第2IC」より約25分、横浜方面からは圏央道「八王子西IC」より約25分です。受付を済まして、檜原街道を約30分、南秋川に沿って車を走らせると、KEIKOKU GLAMPING TENTがあります。

 

今年のバカンスは、都心から近い、ちょっとリッチな渓谷グランピングはいかがでしょう。

関連記事

  1. 【2020年オープン限定】関東グランピング施設の新規開業情報

  2. ワンちゃんと一緒にコテージ泊できるONIWA

    中国・四国でペット・愛犬と泊まれるグランピング施設11選

  3. 関東の日帰りグランピング13施設 子供連れ・ファミリー利用向け(BBQ・温泉あり)

  4. 群馬県の水上高原グランピングフィールド露天風呂

    「水上高原グランピングフィールド」(群馬)が期間限定オープン

  5. グランドーム伊勢賢島でオクトーバーフェスト開催

  6. カップル・二人旅向け関東(湘南・箱根・富士山・軽井沢)のグランピング施設12選