りんくうプレミアム・アウトレットのシーサイドパークにグランピング施設オープン

今年20周年を迎える大阪・泉佐野の『りんくうプレミアム・アウトレット』が2020年8月12日(水)にリニューアルオープンします。

第5期リニューアルでは「シーサイド」エリアがオープン。新エリアは海沿いの立地を活かして、まるで海外のような街並み。ショッピングエリアからアウトドアエリアまで、幅広い楽しめ方を味わえます。

画像出典:りんくうプレミアム・アウトレット公式サイト

『シーサイド』エリアには「バーバリー」や「プラダ」、関西アウトレット初出店となる「アレキサンダーワン」など48店舗と、大阪湾を一望できる大きなフードホール『RINKU DINING(りんくうダイニング)』がオープン。

あわせて海沿いに約20,000㎡の広大な芝生広場「シーサイドパーク」が登場。パーク内にアウトレット施設初となるグランピングが楽しめるエリアが登場します。世界的建築家で新国立競技場の設計で有名な隈研吾氏が、大人気アウトドアブランド『スノーピーク』と共同開発したモバイルハウス『住箱-JYUBAKO-』が5台設置され、オーシャンビューの極上時間を過ごすことができます。

画像出典:りんくうプレミアム・アウトレット公式サイト

住箱は広さ11㎡、定員は2名(ベッド2台)です。お子さま(小学生以下)は2名まで追加可能ですが、寝具の用意はないのでベッドで一緒に寝ることとなります。シャワー、トイレは共用。

夜は芝生広場で焚火体験もできて、アウトレット内とは思えない、非日常的な空間で、優雅な1日を楽しんでみるのもおすすめです。

画像出典:りんくうプレミアム・アウトレット公式サイト

夕食は併設するレストランSnow Peak Eatにてスペシャルディナーコース、朝食は人気のホットサンドをご用意。スノーピークギアを使って自身で調理します。

<施設情報>
スノーピーク大阪りんくう
住所:大阪府泉佐野市りんくう往来南4-17りんくうプレミアムアウトレット シーサイド7900区画
アクセス(車):阪神高速道路湾岸線泉佐野IC南出口より約2km
アクセス(電車):JR・南海本線りんくうタウン駅より徒歩約6分

 

 

    関連記事

    1. Wondertrunk Experience in 阿寒摩周国立公園

    2. 杓子山ゲートウェイキャンプ入口

      富士山ビューの山梨グランピング「杓子山ゲートウェイキャンプ」を30枚の画像で一挙紹介

    3. 関東の日帰りグランピング14施設 子供連れ・ファミリー利用向け(BBQ・温泉あり)

    4. NAO明野高原キャンプ場&貸別荘はオシャレなコテージが22あります。

      東海グランピング!10人以上のグループ・大人数・団体向き施設10選

    5. 静岡県西部(浜松市・静岡市)のグランピング3施設まとめ

    6. 【京都・兵庫】グランピング26選まとめ。人気の淡路島も!