画像出典:リソル生命の森公式サイトより

Sport & Do Resort リソルの森 グランヴォ―スパヴィレッジ

スイスのグランヴォ―村をイメージしたリソルの森。リソルの森がある長柄町とスイスのグランヴォー村は姉妹協定を結んでいることが施設コンセプトづくりに反映されています。

リソルの森には、テントキャビンタイプの宿泊施設もありますが、コテージタイプの宿泊設備が数多くあります。

まずはグランピングエリアにわずか4棟のみ設置されたグランピングヴィラ。ウッドデッキテラスをリビングにというコンセプトのアウトドアを満喫できるコテージです。

森の中にあるリビングでゆったりとした時間を過ごすことができます。

ハーブナーセリーには、季節ごとのハーブが植えられており、自分自身でハーブを摘み、部屋でフレッシュなハーブティーを楽しむこともできます

グランピングヴィラの宿泊料金は17,300円~(夕朝食付き/2名1室利用時)。室内の広さは28㎡。

 

次に愛犬と泊まることができるグランピングペットヴィラ。66㎡のコテージと137㎡のコテージの2棟があります。137㎡の大きさがあるコテージには、最大8名まで宿泊することができます。1棟貸切りなので、オフ会や愛犬サークルでのプチ団体旅行にも最適です。

66㎡のコテージは4名定員となっており、愛犬は2頭まで。137㎡のコテージは愛犬は4棟まで同伴が可能です。

続いて、テラスハウス。広さは59㎡あります。そのうち、アウトドアスペースとなっているテラスは31㎡の広さがあります。利用料金は11,500円~(素泊まり/2名1室利用時)となっています。アウトドアダイニングやアウトドアリビングで緑豊かな景色や野鳥のさえずりを聞きながら、ゆったりとグランピングが楽しめるコテージです。

他には、愛犬と泊まれるログハウスもあります。4名定員と8名定員のログハウスがあり、ログハウスの目の前には、天然芝のドッグランも備え付けられています。

グランピングエリアには、共有部分としてキャンプファイヤーが楽しめる焚き火ガーデンがあります。

また冬グランピングに重宝する温泉施設も最新の「露天風呂付き天然温泉“もみじの湯”」が完備されています。夜は24時まで。朝は6:00~営業。

露天風呂付き天然温泉“もみじの湯”には、Café&バー「BARもみじ」も併設されており、全面ガラス窓が快適な環境にありながら、まるで森の中でティータイムやお酒を楽しめるかのような雰囲気を醸し出しています。

犬用アメニティも充実しており、トイレやトイレシート、粘着ローラー、ウェットティッシュ、体ふきタオル、消臭スプレー、お散歩用マナー袋、ケージ、御飯用食器、水飲み用ボウル、スプーン、クイックルワイパーが完備されています。

グランピングのチェックインは隣接のホテル、トリニティ書斎にて。


Sport & Do Resort リソルの森の基本情報

  • お風呂(温泉):もみじの里(2020年、天然温泉施設が新規オープン)
  • 主要な装備・設備:暖房(エアコン付き)あり、冷蔵庫、暖炉
  • 冬の食事プラン:食事(ディナー)・料理
  • 食材持ち込み:可能性
  • 食事スペース:防寒・防風対策あり
  • 過ごし方・楽しみ方:静かな森の中で森林浴を楽しみながらグランピング
  • 体験アクティビティ:広大なリゾートエリアに多数のアクティビティ(ターザニアなど)
  • 施設タイプ:テント(8室:オリジナル設計)・テラスハウス(44棟)
  • 送迎サービス:JR外房線誉田駅から無料送迎バス(約20分)
  • 住所・アクセス:千葉県長生郡長柄町上野486-4
  • 車の場合①:圏央道茂原北IC下車、約7分(アクアライン利用)
  • 車の場合②:千葉外房有料道路板倉IC下車、約5分(東関東自動車道)
  • 犬・ペット同伴:一部の宿泊棟は可

 

この施設をチェックした人はこんな施設もチェックしています

  1. 最大15名泊まれる広々とした「ヴィラゼニス」

    ヴィラゼニス

  2. 京都大呂ガーデンテラス

  3. ヴィラ ナードヒルズに完全プライベートヴィラ

    ヴィラ ナードヒルズ

  4. FARM CAMP RE:HAKUBA

  5. 木に囲まれた自然の中にある個性的なログハウス・コテージ「Nakadaki Art Village」

    中滝アートヴィレッジ

  6. IPPEN