画像出典:森と星空のキャンプヴィレッジ公式サイト

森と星空のキャンプヴィレッジ(ツインリンクもてぎ)

栃木県のグランピング施設としては、最も有名で人気の施設。「森と星空のキャンプヴィレッジ」は、本田技研工業株式会社の系列施設でサーキットと遊園地の複合施設であるツインリンクもてぎの中にあります。

基本的にはファミリーをターゲットにしたグランピング施設となっており、子供が喜ぶ施設が充実しているのが特徴です。

グランピングサイトはスタンダードが定員4名、グランピング・ワイドは定員6名で、グランピング・ワイドにはハンモックやファイヤーピットが完備されています。

他にもグランピングができる宿泊施設として、フルシーズン快適に過ごせることが人気のトレーラーハウスもあります。2段ベッドが設置されているトレーラーハウスは、テントや寝袋での宿泊に抵抗のあるビギナーや赤ちゃん連れファミリーにおすすめです。

テント内には入浴設備はありませんが、「のぞみの湯」と名付けられた温泉大浴場がありますので、安心してグランピングを楽しむことができます。

食事も本格的で、併設のホテルのシェフが作ったBBQ料理をダッチオーブンで温めていただく「グランピング・ワイド 森のテラススペシャルBBQ」というプランもあります。

また、スペシャルBBQプランでは、シェフが時間をかけて煮込んだ日光霧降高原牛ビーフシチューをメインとした料理をグランピングサイトで楽しむことができます。

プライベートのデッキスペースでは、天体望遠鏡を使った星空観賞も可能。

朝食は併設ホテルのバイキングを利用します。

他にもグルメでは、周辺観光スポットとして、全国No.1の道の駅グルメが楽しめます

「道の駅グルメナンバーワン」を決定するイベント、道-1グランプリでグランプリを獲得した「ゆず塩ラーメン」なども近隣の道の駅で食べることができます。その他、洋菓子工房&カフェ「ゆずの木」の茂木産の米粉を使用したバウムクーヘンも人気です。

また、鮎で有名な那珂川最大のやなが茂木町にあり、やなが仕掛けられる7月~10月には、足元で川の流れを感じながら鮎の手づかみ体験と川辺の座敷で炭火焼きもイチオシのグルメです。

子連れファミリーにおすすめなのが、ツインリンクもてぎの多彩なアトラクション。

森の生態系を体感できる「迷宮森殿 ITADAKI」では、14か所のスタンプラリーと2か所のクイズに答えて、頂を目指すアトラクションが人気です。

森の生き物のすみかをモチーフにした「巨大ネットの森 SUMIKA」では、ネットが張りめぐらされた「巨大ネットの森 SUMIKA」で逃げたり、隠れたりと体を動かすアクティビティが充実しています。

さらに巨大などんぐりの木に隠された多くの難関を乗り越えて木のてっぺんを目指すというこれまでにない新感覚の木登り型アスレチックで人気の「森感覚アスレチック DOKIDOKI(しんかんかくアスレチック どきどき)」もあります。

また小学生未満の幼児が楽しめる「どきどきひろば」は、丸太や小さな山の形をしたアスレチックがあり、キッズボルダリングで“プチボルダリング体験”を楽しむことができます。

日帰りグランピングも入場料、駐車料、会場使用料が必要ですが、可能。ペットや犬と同伴はできません。


森と星空のキャンプヴィレッジの基本情報

  • エアコン・トイレ:共同トイレ、エアコン無し(扇風機)
  • お風呂・シャワー:のぞみの湯
  • 料金:BBQ付き、らくらくプラン59,040円~(1家族)
  • 子連れ・幼児:アクティビティや遊具が充実、幅広い年齢におすすめ
  • 住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120−1ツインリンクもてぎ内
  • アクセス(車)①:常磐道、水戸IC下車40分
  • アクセス(車)②:常磐道、水戸北IC下車30分
  • アクセス(車)③:北関東道、友部IC下車40分
  • アクセス(車)④:北関東道、真岡IC下車50分(道中、道の駅あり)
  • ペット・愛犬:同伴不可
  • 日帰りグランピング:入場・駐車・会場使用料が必要ですが、可能

 

この施設をチェックした人はこんな施設もチェックしています

  1. PICAさがみ湖(旧パディントン ベア・キャンプグラウンド)

  2. 超高級コテージ「FUTTSU VILLA」広々としたデッキあり

    FUTTSU VILLA(フッツヴィラ)

  3. グランピングリゾート ヨーカブシ

  4. Rockhills Garden(ロックヒルズガーデン)

  5. 弥栄キャンプ場

  6. 広々した空間、落ち着いた室内、柴塚ゴルフ倶楽部のグランピング。

    柴塚ゴルフ倶楽部