画像出典:山荘 天の里公式HP

山荘 天の里

和歌山県かつらぎ町、高野山の麓にあるグランピングが体験できる高級コテージ

高野山へは車にて30分ほどで行くことができますので、観光をからめてグランピング旅行を計画するのがおすすめ。

世界文化遺産である「町石道」の起点、慈尊院や真田の里がある九度山へも車で20分で行くことができます。

山荘天の里の宿泊室は、3棟のコテージです。各コテージには2種類のツインルームがあり、2つのツインルームを繋いで利用することもできます。各コテージ共に最大5名まで宿泊が可能です。

ラグジュアリスイート(洋風LV)は101号室、103号室とあり、それぞれ定員は2名(最大3名)となっています。室内の広さは64㎡で宿泊料金は57,000円~(1室2名利用1名料金)

ラグジュアリスイート(和風LV)105号室で、定員は2名(最大3名)。室内の広さは67㎡で宿泊料金は57,000円~(1室2名利用1名料金)。

ジュニアスイートは102号室、104号室、106号室とあり、それぞれ定員は2名。室内の広さは51㎡となっています。客室には半露天檜風呂が完備されており、宿泊料金は51,000円~(1室2名利用1名料金)。

グランピングプランは、夕食は屋外(コテージ前)でBBQ、朝食はレストランとなります。日帰りグランピングも可能です。

グランピングが楽しめる期間は3月下旬から11月末まで。

 

食材は一般的なグランピング施設と比較して、かなり良いものが使用されています。メニュー例として、「720日プロシュートとフレッシュサラダ」、「サザエのブルギニオン ソフトバケット添え」、「紀州香り鮎のホイル焼き」、「近海産 魚介類のアクアパッツァ」、「黒毛和牛のサーロインと地元産猪肉の紀州備長炭焼き」、「旬野菜のご飯 焼きおにぎりスタイル」など。利用料金は和歌山県の他のグランピング施設よりも高額ですが、食材の質などのこだわりを考えると、納得のお値段ではないでしょうか。

滞在中はドリンクインクルーシブとなっています。

なお、グランピングプランについては、宿泊日の前日の午後12時点で、翌日(宿泊日)の降水確率が50%以上の場合、グランピングは中止となります。グランピングが中止となった場合の夕食につきましては、ホテルレストランでのコース料理となります。

JR笠田駅、高野山まで無料送迎サービスがあります。(当館時間指定/先着順)

※降雪の為12月~3月15日迄 高野山の送迎は致しておりません。(送迎の定員は上限6名まで)

 


山荘天の里(和歌山県かつらぎ町)の基本情報

  • エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備
  • お風呂・シャワー:完備
  • 料金:51,000円~
  • 子連れ・幼児:可
  • ペット・犬:不可
  • 住所:和歌山県かつらぎ町下天野1620
  • アクセス(電車):JR笠田駅から無料送迎あり
  • アクセス(車):京奈和道、かつらぎ西IC下車、30分

 

この施設をチェックした人はこんな施設もチェックしています

  1. GLAMPROOK(グランルーク)

  2. 温泉グランピング Shima Blue(シマブルー)

  3. VIWAKO GLASTAR

  4. Aquaholic Iritahama

  5. バルンバルンの森

  6. 花々に囲まれた秘密基地のようなL-BASE

    L-BASE